FXの特徴:手数料が安い


FX(外国為替証拠金取引)は外貨建て金融商品の中で手数料が割安のため有利に外貨を取引することができます。

外貨で資産を運用する際、高い金利や為替相場にばかり目が行きますが、一番コストがかかるのが手数料です。
よって外貨で資産を運用するにはコストをいかに抑えるかが非常に重要になります。

外貨預金は為替損益が大きい

外貨預金などでは「手数料」という名目の案内はないと思いますが、実際は円を米ドルにする際、米ドルを円に換金する際に「為替手数料」として往復2円程度かかります。
つまり、外貨預金をした時点で1米ドル当たり1円引かれ、外貨預金から円に戻す際に再び1米ドルあたり1円差し引かれてしまいます。

簡単に説明するために、今1ドルが100円だとしましょう。

10万円を外貨預金として米ドルにすると、1ドルあたり1円かかりますので外貨を買う際は1ドル101円計算で実際に預金できるのは990ドルです。
同じく1ドル100円で満期を向かえたとすると更に1ドルあたり1円かかるので決済時は1ドル99円計算で約9万8千円です。
1年間2%の金利がついて、やっと預けた額と同じ10万円が戻ってくるようなイメージです。

つまり外貨預金では高金利に目を奪われがちですが、為替損益が大きく、為替の動き次第では簡単に元本割れになりやすい金融商品であるのです。

取扱い金融機関によっては為替手数料を引き下げる動きもあり、1ドルあたり50銭程度の所も出てきました。

FXの手数料は取扱手数料とスプレッド

さて、FX取引に話を戻しましょう。

FX取引で発生する手数料には取扱手数料とスプレッドがあります。

取引手数料は1万通貨あたり片道500円前後です。
しかし、現在では多くのFX取引会社では取引手数料は無料が採用されています。
FX取引業者を選択する際は、ぜひこの手数料もチェックしてみて下さい。

では、続いてスプレッドについて説明しましょう。

スプレッドとは先ほどの外貨預金でいう外貨を買ったり売ったりする際の価格差と同じです。

殆どのFX取引業者では右の図のようにアスクレート(買値)とビッドレート(売値)を両方提示する2WAYプライス表示になっているかと思います。

この場合、米ドルを売る場合は119.54円、米ドルを買う場合は119.57円となり、差額は3銭となります。

■スプレッドシート(例)

  BID(売値) ASK(買値)
USD/JPY 119.54 119.57
EUR/JPY 163.09 163.14
GBP/JPY 239.31 239.39
AUD/JPY 99.15 99.20

この3銭(0.03円)がスプレッドになります。

先ほどの外貨預金の為替手数料と比べると、手数料は比較にならないくらい格安であるとお分かり頂けると思います。

外貨MMFの場合は、為替レートを見ながら、自由に円に戻すことが出来ますが、外貨MMFの為替手数料はおよそ往復1円?50銭。
つまり為替レートが1円以上円安にふれないと利益が出ないのです。
外貨預金にいたっては、2円以上の円安とならないと為替差損で損をしてしまいます。

FX(外国為替証拠金取引)の場合は手数料が低く、往復でも数銭程度のため、為替レートのちょっとした動きでも利益を出すことが出来るのです。



前の記事 » FXの歴史

次の記事 » FXの特徴:レバレッジ



戦略的ポジショニングEA

勝率80%以上!短期ディーラーのストラテジーをプログラム化した「戦略的ポジショニングEA」について


FXの特徴の1つは手数料が格段に安いことです。取引手数料が無料のFX取引業者も増え、低いスプレットで運用できます。