FXの特徴:レバレッジ


FXの魅力としてレバレッジが上げられます。

"

レバレッジ効果

レバレッジ効果とは、資本投下した金額の何倍何十倍もの取引が行える効果をいいます。
まるで「てこの原理」のように、小さな力(小額)で大きな力(大きな取引金額)を動かすことから、この名が付きました。

例えば1ドル100円だったときにドルを購入し、その後円安になり1ドル110円になったとしましょう。
この時にドルを円に戻せば10円もの為替差益が得られます。

といっても、1ドルだけ取引して10円を得てもあまり嬉しくはないですよね。
10ドルの取引なら100円、100ドルの取引なら1000円、1000ドルの取引で1万円、1万ドルなら10万円です。
この程度の取引をしないと為替差益による旨みはないでしょう。

1ドル100円の場合、1万ドル=100万円ですから、1万ドルの取引をするには100万円が必要ということになります。

FX取引では外貨預金や外貨MMFなどその他の外貨建て金融商品と異なり、実際に取引する金額よりも少ない資金で売買をすることができ、これをレバレッジといいます。

例えば資金10万円で1万ドルの取引を行なった場合は、

  100万円(←1万ドル×100円)÷10万円
 =10倍

であり、レバレッジ10倍となります。

どれだけの倍率のレバレッジが出来るかどうかはFX取引業者により異なりますが、レバレッジは数倍から100倍、200倍といった高レバレッジまで可能な所が多くなってきました。

FX レバレッジ

レバレッジは利益も大きいが損益も大きい

先ほどの例で逆に10円円高になった場合はどうでしょう。

1万ドルの取引をしていたら、マイナス10万円となります。

レバレッジは大きく資金を動かして利益を得ることが出来ると同時に、逆を言えば為替差損も大きくなる可能性があることを認識しておきましょう。

レバレッジ比が高いことは危険?

じゃあ、自己資金の何倍ものレバレッジ取引のできるFXは危険な金融取引か、というとそうではありません。

100倍、200倍のレバレッジが可能であったとしても、その最大取引額まで取引を行なうかどうかは投資家次第。
レバレッジ比が高いことが危険なのではなくて、レバレッジ比ギリギリまで取引してしまう資金管理が危険なのです。

自分の余力資金と比べた上で、レバレッジをどの程度にするのか、しっかり考えた上で取引を行いましょう。

"



前の記事 » FXの特徴:手数料が安い

次の記事 » FXの特徴:24時間取引可能



戦略的ポジショニングEA

勝率80%以上!短期ディーラーのストラテジーをプログラム化した「戦略的ポジショニングEA」について


FXといえばレバレッジ取引ができる魅力があります。小さい資本で大きく外貨を動かして為替差益を狙うことが可能です。