FXの特徴:分別管理と信託保全


FXでは銀行への預金と違い、外貨預金と同様、基本的に預けた資産への保障はありません。

"h2>FXでは分別管理が義務付けられている

分別管理とは、FX(外国為替証拠金取引)業者が、自社の事業費と顧客から預かった資産を、分けて管理することを指します。

FX業者はこの分別管理をすることを改正金融先物法により義務付けられています。

ただ一口に分別管理といっても、大きく以下のように分けられます。

分別管理の種類:金融機関への預託

顧客の資産と事業費とを、口座を分けて管理する方法です。
分けて管理をしているものの、FX会社が倒産した場合には全額保障されない可能性があります。

FXの特徴:分別管理 FXの特徴:分別管理 破綻時


分別管理の種類:信託保全

FX会社が、預かったお客の資産を信託銀行に預ける方法です。
FX業者が破綻した場合も顧客の資産は基本的に全額保障されます。
また、預け先の信託銀行が破綻した場合も保障されます。

FXの特徴:信託保障 FXの特徴:信託保障 破綻時


分別管理と信託保全

FXの取引業者として運営する場合は、分別管理することが法律で義務付けられていますが、信託銀行に預ける(信託保全)までは求められていません。

よって信託保全を行なっているかどうかは、FX業者によって異なります。

FX取引業者を比較・検討する際は、この信託保全か単なる分別管理か、といった点からも確認してみるとよいでしょう。

信託保全をつけているFX業者リストにまとめてますのでご利用ください。



前の記事 » FX取引のリスク



戦略的ポジショニングEA

勝率80%以上!短期ディーラーのストラテジーをプログラム化した「戦略的ポジショニングEA」について


FX業者は資産の分別管理が義務付けられています。また信託保全をつける業者も増えてきました。