FX取引のリスク


FX(外国為替証拠金取引)には様々なリスクを伴います。FXのリスクについて理解しましょう。

FX取引業者はFXのリスクを説明する義務があります。
よってFX取引業者のホームページや取引約款等にFX取引のリスクに関する説明が必ずありますので目を通すようにしましょう。

FX(外国為替証拠金取引)のリスクとしては以下のようなものです。

価格変動のリスク

FX取引は外貨を対象とした取引です。
そのため対象通貨にかかる外国為替市場の変動及び、世界中で起こる政治的・経済的な要因をはじめ、その他さまざまな要因により変動します。

そもそも、FX取引は、元本及び利益が保証されていません。
さらに、約定代金に対して小額の証拠金をもとに取引を行うレバレッジ比率を使用した取引ですから、外国為替市場の変動で多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性もあります。

為替相場の変動によっては、FX取引を続けられなくなることもあります。
もし為替保証金維持率が規定の割合を下回ることになった場合、強制的に手仕舞い(ロスカット)されます。
相場の状況によっては、ロスカットにおける損失が為替保証金を超える場合もあります。 これら全ての損失は、自分自身の責任として負担しなければなりません。

金利リスク

金利リスクとは、対象通貨・日本円の金利の変動による外国為替の価格の変動により発生するリスクをいいます。

対象通貨・日本円の金利変動により、為替相場変動が生じ為替差益が得られる反面、為替差損を被るリスクがあります。

スワップポイントも、それぞれの通貨の短期金利に応じて日々、変動します。
金利の動向次第では、取引を始めるにあたって予想していたようなスワップポイントを受け取ることができない、またスワップポイントを支払わなければならなくなる場合もあります。

流動性リスク

政治・経済又は金融情勢等の変化、各国政府の規制や外為市場の規制などによる取引停止措置、あるいは通信手段の障害など、不測の事態により取引が実行できなくなる場合があります。

これにより予想外の損失を被る事もあり、また注文の執行ができない場合もあり得ます。

信用リスク

信用リスクとは、貸したお金を回収できなくなるリスクのことを指します。

FXは公的保護の対象ではありません。

FX取引会社に預ける為替保証金は、金融先物取引法に基づき、当社の財産と区分し金融機関の預金として管理されます。
しかし為替保証金は証券取引法による「分別保管」および「投資者保護基金による補償」の対象ではないため、万が一取引会社が破綻した場合にも為替保証金の返還が保証されません。

信託保全をしているFX取引業者も増えてきましたが、元本保証はないものとして認識しておきましょう。

オンライン取引リスク

FXは殆どがオンラインによる取引になります。

インタ〜ネットを介して売買を行いますので、インタ〜ネット障害・通信機器の故障等により取引が正常に行えなくなるリスク、通信障害等不測の事態による取引制限が生じるリスクも考えられます。

オンライン取引には、電話で注文を出す取引とは異なり、自分自身が売買注文の入力をするため、入力を誤った場合、意図しないレートで取引が成立してしまう可能性があります。

更に電子認証に用いられるユーザーネーム・パスワード等の情報が、第三者に漏れたり、盗聴等されたりした場合、その情報を悪用される可能性が生じるリスクもあります。

FX(外国為替証拠金取引)で考えられるリスクは、これが全てであるとは限りません。

FX取引を行なう場合は、FX取引の仕組みやリスクについて十分研究し、自己の資金力、取引経験及び取引目的等に照らして適切であると判断する場合にのみ、自己の責任において行うことが重要です。



前の記事 » FXの特徴:外国の通貨(外貨)の取引

次の記事 » FXの特徴:分別管理と信託保全



戦略的ポジショニングEA

勝率80%以上!短期ディーラーのストラテジーをプログラム化した「戦略的ポジショニングEA」について


FX取引にはリスクもあります。FXの仕組み・リスクを十分理解し、自己責任にて行なうのがFXです。