FXで投資を始める


FX(外国為替証拠金取引)で実際に投資を始めてみようという方に。FX実践編です。

FX基礎知識にてFX(外国為替証拠金取引)を十分理解し、実際FXを始めてみることを決意したとしましょう。

まずFXを始める際に必要なのは、FX口座の開設です。

FX取引を開始するためには、証券会社または専門の取引会社と契約を結び、専用の口座を開設する必要があります。
そしてこのFX口座に適宜入金し、この資金を使って外貨取引を行うのです。

殆どのFX取扱い業者では、ホームページにて口座を開設できるようになっています。
ただ、本人確認書類(住民票や免許証など)の写しは別途準備し、郵送もしくは画像送付する必要があります。

実際にどのFX取扱業者に口座を開設するかはFX業者比較をご参考下さい。

いよいよFX開始

FXの口座を開設し、本人確認書類のやり取りが終了し、問題がなければ取扱い業者からログインに関する情報(ユーザー名やパスワード、アドレス等)が送られてきます。

実際にログインし、初回入金(最低減必要とされる保証金等、業者によって額は異なる)が出来れば、FXを開始することができます。

FXの特徴は24時間取引が可能ということです。

つまり、あなたのFX口座の準備が整った時点で、いつからでもFX取引を始める事が可能なのです。

FXを楽しむためにはリスクコントロールが必要

FXはいつでも自由に、また自分の思い通りの外貨取引が行なえます。
更にインターバンク市場は24時間動いていますので、FXのやり方は様々です。

最低減必要となる証拠金(保証金)さえ入金すれば、FXは開始できます。

多くのFX取扱い業者では数万円程度の証拠金にて取引が可能となりますが、数万円程度の自己資金では為替変動によっては、あっという間にロスカットされてしまいます。

また市場は常に動いているため、自分の自由な時間に取引ができるというメリットもある反面、自分が寝ている間も為替は変動し続けるという怖い面もあります。
ちょっとした隙に、為替相場が大きく動いて損害を出してしまったら・・・と考えると、おちおち為替チャートから目を離すことも出来なくなってしまいます。

ここでは、FXで実際に投資を行なう際に必要となる、実践的な知識を得られるよう、説明していきます。



次の記事 » FX投資:取引保証金(証拠金)



戦略的ポジショニングEA

勝率80%以上!短期ディーラーのストラテジーをプログラム化した「戦略的ポジショニングEA」について


FX(外国為替証拠金取引)で実際に投資を始める際に必要な知識、知っておきたい情報を提供します。