FX投資:取引保証金(証拠金)


FX(外国為替証拠金取引)の取引業者によって証拠金の額は様々です。

取引保証金(証拠金)とは

FX(外国為替証拠金取引)は、少ない資金を担保として大きな資金を運用します。
この担保金のことを取引保証金(証拠金)と言います。

保証金の多くは円貨のみが可能となっていて、外貨や株式等の有価証券を保証金として差し入れることはできない場合が多いです。

必要とされる保証金をFX口座へ入金するのですが、その最低保証金額はFX業者によって異なりまし、取引する通貨ペアによっても異なる場合がありますが、概ね取引する額の2%〜5%程度となります。

例えば、取引保証金(証拠金)が2%のFX取引業者にて1万ドル取引をした場合は、1万ドルの2%、200ドルが保証金として必要となります。 1ドルが100円であれば、2万円が保証金になります。

保証金維持率

保証金維持率とは取引保証金に対して実際にFX口座に預け入れた保証金残高の割合を表します。
FX取引の際、リスクの確認は証拠金維持率がひとつの指標となります。

証拠金維持率は「保証金残高÷取引保証金×100」で求められます。

つまり、先ほどの例でいえば、最低減必要となる取引保証金の2万円しか口座にない場合、証拠金維持率は100%となり、これ以上新しい投資を行なうことはできません。
レバレッジで言い換えれば、この取引はレバレッジ100倍という、非常に高レバレッジな取引をしていることになります。

いくら少ない資金から投資ができるFXとはいえ、最低減の資金のみでは高レバレッジをせざるを得ず、リスクが大きな取引となってしまいます。

保証金説明
実質保証金 口座の保証金残高。具体的にはロールオーバーや売買により確定した受渡日到来前の損益金等の差額も計算に入れたもの。
取引保証金 取引レートの中値×取引数量×必要保証金率で計算される。必要保証金率はFX取引業者によって異なる。
保証金率 保証金率=実質保証金÷取引保証金×100


殆どのFX取引業者では証拠金維持率が50?70%程度になった時点でマージンコール(追加の保証金の入金依頼)、それを更に割り込んでいくとロスカット(強制的にその時点の相場にて取引終了)されてしまいます。



前の記事 » FXで投資を始める

次の記事 » FX投資:証拠金維持率とレバレッジ



戦略的ポジショニングEA

勝率80%以上!短期ディーラーのストラテジーをプログラム化した「戦略的ポジショニングEA」について


FX(外国為替証拠金取引)の取引保証金とは。証拠金維持率の求め方は。最低保証金額だけでFX取引を行うのはリスクが大きいです。