FX取引:FXでの注文の種類・方法


FXでは株取引のように、いくつかの取引方法があります。大きく分けると基本の注文方法と自動注文とあります。

FXでの注文方法

まずはFXでよく利用される取引方法をまとめてみましょう。

注文方法取引方法 説明
成行注文 現在、提示されているレートで注文を出すこと
リアルタイムで提示されているレートを、任意のタイミングにて売買するストリーミング注文(ダイレクト成行注文)を取り入れているところもあります
指値注文 価格を指定する注文方法
売値(Bid)と買値(Ask)の間の価格では指値注文はできません。買注文は売値(Bid)以下で、売注文は買値(Ask)以上で指定する必要があります
逆指値注文 買値(Ask)が指定した価格以上になったら買う、または売値(Bid)が指定した価格以下になったら売る取引方法
買注文は買値(Ask)超で、売注文は売値(Bid)未満で指定する必要があります
IFD(イフダン) IFDとは「If Done」の略
順番を決めた2つの指値(逆指値)注文を同時に出す注文方法
初めは原注文だけが有効で、これが約定した後、次の予約注文が有効になります
OCO(オーシーオー) OCOとは「One side done, then Cancel the Other」の略
OCO注文は2つの注文を同時に出して、一方が約定したらもう一方が自動的にキャンセルされる注文方法です
IFO(アイエフオー) IFOとはIFDとOCOを組み合わせた注文のこと
一次注文の指値(逆指値)が成立すると、二次注文のOCOが有効になります
トレール注文 逆指値注文に値幅指定機能を追加する注文方法
基本的には逆指値注文と同じで、設定レートが固定的か流動的かの違いになります

なお、リンクになっている箇所は、更に詳しく説明していますので、そちらもご参照下さい。

どの注文方法が可能かはFX取扱業者によって異なる

上記にもまとめたように、FXでは様々な注文方法をとることができます。

基本となる、成行注文や指値注文・逆指値注文は概ねどのFX業者でも取引可能ですが、その他のIFDやOCO、IFOなどの自動注文は業者によっては対応していないところもあります。
特にトレール注文が可能なFX業者は限られています。

しかし、これらの複数注文方法、自動注文方法は、基本の取引(成行注文,指値注文,逆指値注文)が出来て初めて利用するものですから、初心者の頃はあまり気にしなくてもよいかと思います。

FX取引にも慣れ、扱う通貨単位が多くなってきた時に自動注文が役に立ってくるわけですから、その時に改めてトレール注文などができる業者を選択してもよいでしょう。



前の記事 » FX取引:トレール注文

次の記事 » FX注文:Day Order注文



戦略的ポジショニングEA

勝率80%以上!短期ディーラーのストラテジーをプログラム化した「戦略的ポジショニングEA」について


FX取引で利用する注文方法一覧。成行注文・指値注文・逆指値注文・IFD・OCO・IFO・トレール注文など。