FX取引:成行注文


成行注文とは、現在、提示されているレートで注文を出すことです。

成行注文とは

成行注文とはトレード画面で表示されているその時々の為替レートで取引する注文方法になります。

成行注文の取引例

指値注文

ドル高を予想してドルの買いポジションを持っているとします。

見込どおりドル/円のレートが上がってきて、買いレートが106.05にまでなりました。
今すぐ売って利益の確定をしたいと思い、成行注文でその時のレートで売りました。

ただし、外国為替レートは常に動いています。 注文を出した時点から取引成立までの間に外国為替レートが変化することがあり、注文を出した価格と成立した価格にズレが生じる場合があります。

成行注文の種類

上記のように、実際トレード画面に表示されている為替レートは微妙なタイミングの差ではありますが、リアルな変動についていっていない場合もあります。
そのためレートの変動により予想外に高い(安い)価格で売買が成立することもあります。

これを解消するため、FX業者によっては「ストリーミング注文」とか「ダイレクト注文」といった取引方法を取り入れている場合もあります。

「ストリーミング注文」とはこれはリアルタイムで提示されているレートにて売買する注文方法です。
(自分が決済のボタンを押したその瞬間のレートでの取引となります)

「ダイレクト注文」とは注文の入力後にレートの変動があった場合、注文が失効させる方法です。

これらの名称はFX業者によって様々かと思われますので、一度確認してみて下さい。



前の記事 » FX取引:逆指値注文

次の記事 » FX取引:OCO(オーシーオー)



戦略的ポジショニングEA

勝率80%以上!短期ディーラーのストラテジーをプログラム化した「戦略的ポジショニングEA」について


成行注文とは。成行注文にはリアルタイムな為替相場の動きにあわせたストリーミング注文やダイレクト注文もあります。