FX取引:指値注文


指値注文とは価格を指定する注文方法です。

指値注文とは

指値注文とは、トレード画面上で表示されている現在の為替レートではなく、今のレートより低い、もしくは高いレートを指定して発注する注文方法です。

指値とは"リミット"のことで、投資家が指定したレートで売買をすることをいいます。

  • ドルが安くなってから買いたい
  • ドルがあるところまで上がったら売って利益を確定させたい

など、あらかじめ希望するレートを指定しておくと、そのレートになったときに自動売買してくれます。

指値注文の取引例

指値注文

現在ドル/円が106円とします。

FX君はもう少しドルが安くなってから買おうと思い、105円で買いの指値注文を出しました。

その後ドルのレートは下がって105円になったのでFX君の注文は約定しました。

更にFX君は「今度はドルが高くなったら売る!」と思い、107円で売りの指値注文を出しました。

その後、思い通りドルが上がり、107円となったため、この指値注文は約定しました。

指値注文の注意点

指値注文は「もう少し安くなったら」とか「もう少し高くなったら」という場合の注文方法ですから、「売値(Bid)」と「買値(Ask)」の間の価格では指値注文はできません。

買いの指値注文を出す場合は「売値(Bid)」以下で、売りの指値注文を出す場合は「買値(Ask)」以上のレートを指定する必要があります。



前の記事 » 外貨FX:基軸通貨と決済通貨

次の記事 » FX取引:逆指値注文



戦略的ポジショニングEA

勝率80%以上!短期ディーラーのストラテジーをプログラム化した「戦略的ポジショニングEA」について


指値注文とは。指値とは"リミット"のことで、投資家が指定したレートで売買をすることをいいます。