FX取引:IFD(イフダン)


IFD(イフダン)とは「If Done」の略で、順番を決めた2つの指値(逆指値)注文を同時に出す注文方法です。

IFD(イフダン)とは

IF DONE注文は、2つの注文を同時に出すことができ、注文?の約定後に注文?が自動的に発注される注文方法です。

1つ目の注文を設定した後、予約で次の注文を出します。
2つ目の注文は指値注文でも逆指値注文でも構いませんし、両方設定することもできます。

IFD注文の取引例(利益を確定させる場合)

IFD(イフダン)

現在ドル/円は106円とします。

FX君はドル/円の為替レートが一旦下がった後、将来的には107円になると予想しました。

為替レートが下がったところでドルを買いたいと思ったので、105円で新規でドル買いの指値注文?を出し、同時に注文?が約定後に発注される 107円のドル売り指値注文?を出しました。

IFD注文の取引例(損失を限定させる場合)

IFD(イフダン)

現在ドル/円は107円30銭とします。

FX君はドル/円の為替レートが一時的に下がった後、すぐに反転して110円くらいになるだろうと予想しました。

よってドルが下がったところを買いたいので、106円で新規のドル買い指値注文?を出しました。
しかし予想に反しドル/円はさらに安くなるかもしれません。
そこで、さらに下がった場合にそなえ、105円で損失を限定させるドル売りの逆指値注文?を同時に出しました。

IFD注文の取引方法

上記IFD注文の例ですが、2つ目の注文は指値注文と逆指値注文の両方を出すこともできます。
2つ目の注文に指値注文と逆指値注文の両方出すことをIFO注文といいます。



前の記事 » FX取引:OCO(オーシーオー)

次の記事 » FX取引:IFO(アイエフオー)



戦略的ポジショニングEA

勝率80%以上!短期ディーラーのストラテジーをプログラム化した「戦略的ポジショニングEA」について


IFD(イフダン)とは「If Done」の略で、順番を決めた2つの指値注文(逆指値注文)を同時に出す注文方法です。