FX取引:IFO(アイエフオー)


IFO(アイエフオー)とはIFDとOCOを組み合わせた注文方法のことです。

IFO(アイエフオー)とは

IFOはIF-OCOと表現される場合もあります。

IFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法で、一次注文の指値注文(逆指値注文)に、二次注文としてOCO注文をすることを指します。

IFD注文では、2つ目の注文は指値注文か逆指値注文かのどちらかのみですが、IFO注文では指値注文と逆指値注文の両方の注文を出します。

IFO注文の取引例

IFO注文

FX君はドルが今後上昇トレンドであると思いました。

まずはドルが下がったところを買おうと思い、105円で新規のドル買い指値注文�@を出しました。
その後107.50円になったら売ろうと思いドル売りの指値注文�A-1をだしました。
しかし、107円を超えずに値下がりする可能性も考えられたため、利益を確保するため、106円になったら売ってしまう逆指値注文�A-2も同時に出しました。

予想通り一旦ドルは下がり105円になったので指値注文�@は確定となり、次の注文が有効になりました。
あとはドルが上がってくれれば指値注文�A-1の方が確定されますし、ドルがあまり上がらずに下がっていけば逆指値注文�A-2の方が確定されます。



前の記事 » FX取引:IFD(イフダン)

次の記事 » FX取引:トレール注文



戦略的ポジショニングEA

勝率80%以上!短期ディーラーのストラテジーをプログラム化した「戦略的ポジショニングEA」について


IFO(アイエフオー)とはIFD注文とOCO注文を組み合わせた注文方法のことです。