FXトレード方法


実際にFX(外国為替証拠金取引)を始めるとなったとき、あなたにあったトレード方法を見つけましょう。

トレード方法の種類

FXでのトレード方法ですがスキャルピング、スイング、スワップなどがあり、更にデイトレード、中長期トレードといったようにトレードの期間での違いもあります。 またこれに重ねてファンダメンタル、テクニカル指標などを用いてトレードをしていきます。

では、まずトレード方法について簡単にまとめてみましょう。

トレード方法別

スキャルピング派
比較的高レバレッジでごく短時間の間に、少しの為替差益で決済してしまう方法の人たち
スイング派
1〜2週間くらいの周期でのレートのスイングを利用して安値で買って高値で売るというトレード派
スワップ派
低金利通貨と高金利通貨をペアにすることで、その金利差で利益をだそうとする方法を好む人


保持期間別

デイトレード
1日の市場が閉じる時には「買いポジション」も「売りポジション」も持たない取引→スキャルピング
短期トレード
概ね1ヶ月程度の期間の動きを予想してポジションを持ち続ける取引。→スイング派
中長期トレード
比較的長い期間ポジションを保持し続ける取引。→スワップ派


指標別

ファンダメンタル
ファンダメンタル(fundamental)とは日々出される経済情報から相場を予想して取引を行なう方法
テクニカル分析
チャート(グラフ・罫線表)の形や動きから次の変化を予想して取引を行なう方法

実際はこれらの中から主に自分が好む取引方法が出てきて、あとは適宜組み合わせてトレードをしていくことになります。

どの取引方法にもメリット・デメリットはありますし、これをしたら確実に儲かるといった方法はありません。

FXではこれからその通貨がどのように動いていくのかを予想する際に自分はどの指標を信じて、自分が可能な取引時間ではどのトレード方法が最適なのかを選びます。

これらの取引方法は実際にやってみないとどれが自分にあっているかも分からないですから、日々検討しながら取引を楽しんで見て下さい。



前の記事 » FX注文:注文の期限

次の記事 » FXトレード:スキャルピング派



戦略的ポジショニングEA

勝率80%以上!短期ディーラーのストラテジーをプログラム化した「戦略的ポジショニングEA」について


FXで利用されるトレード方法にはスキャルピング、スワップ、スイングの他テクニカル・ファンダメンタルといろいろあります。