FXトレード:スイング派


実際にFX(外国為替証拠金取引)のトレード方法のうち、スイング派と言われるトレーダーについて見てみましょう。

スイング向きなのはこんな人?

  • トレード画面はたまに見るくらいがいい
  • テクニカル分析手法をある程度知っている
  • あせらず、かといって放置もしない

スイング(Swing)とは

スイング(Swing)トレードとはおよそ1週間以内を目処にして、長くても1?2週間ほどで取引を完了させるトレード方法のことです。

日中は仕事などで継続して取引ができない方などで、昼休みや、夜などしかFXができない人に向いているでしょう。

その時の経済指標やチャートの形などから、これから上向きになるだろう通貨ペアを見つけ出し、安値で購入し数日後につけるだろうと予想した高値で決済します。

為替相場は基本的に常に上下(スイング)することから、その波を利用してトレードを行ないます。

スキャルよりも大きな利益を狙い、かといって長期保有するわけではないため、直近の相場の動きさえ予測できればうまく行く手法です。

スイング派のメリット

1週間から2週間ほどポジションを持つ続けることになりますので、多少為替の動きが予想に反しても耐えられるだけの資金余力は必要です。
余力がない場合はレバレッジを低めに抑えましょう。

またポジションを保有することから、低金利通貨と高金利通貨のペアの場合、その金利差も得ることができます。

スイング派のデメリット

短い期間とはいえ、多少は為替の動きを予測するだけの知識と技術が必要になります。

いつ主要な経済指標が発表されるのか、またその発表では大よそどのような内容になりそうかといったファンダメンタル分析と、チャートの動きから次はどの方向に動くのかといったテクニカル分析の両方が必要でしょう。

レバレッジもあまり大きくはできませんから、予算が少ない場合はいくら頑張っても利益も小さめになります。



前の記事 » FXトレード:スワップ派



戦略的ポジショニングEA

勝率80%以上!短期ディーラーのストラテジーをプログラム化した「戦略的ポジショニングEA」について


FX取引法のうち、スイング(Swing)。スイングとは1週間程度の為替の波を利用して為替差益と金利を得るトレード方法です。