資格をとった方が転職にメリット



「未経験の女性でも有利に転職を進めたい!」
「その職種を希望していることをアピールしたい!」
そんな時に役に立つのが「資格」の存在です。

資格を取得すれば、各職場で必要とされている基本的な知識や作業が行えることの“裏付け”となります。
経験の無さを資格でカバーできるため、面接を有利に進められると言うメリットもありますね。

面接官が履歴書を見た時に、資格欄に文字が書いてあるか、空欄であるかというのは、大きな違いがあります。
同じような年齢、経歴のライバルがいた場合、資格があることで採用につながった、という例もあるでしょう。

現在、他の仕事をしているような場合は、勉強が大変になるかもしれません。
ですが、資格にはメリットが豊富ですから、通勤の時間やスマホなどを上手に利用して、希望している転職先で役立つ資格を手に入れたいですね。
一度取得すれば、一生ものの資格も多いため、目の前の転職だけでなく、結婚後や産後の就職、復職などでも助けになりますよ。

女性の転職に役立つ資格は色々ありますが、ここでは女性の転職で役立つ場面が多い下記の6つに絞って、詳しく解説していきましょう。

「TOEIC」
「MOS資格」
「簿記検定」
「ファイナンシャルプランナー(FP)」
「宅地建物取引士」
「カラーコーディネーター」

どうしたら資格を取得できるの?

資格を取得するためには、資格別に行われている検定試験を受ける必要があります。
多くの場合、検定試験は年に数回、決まった月に実施されているため、取得したい資格が決まったら、まずは受験案内を見てみましょう。
受験の日程が決まることで、資格取得に向けた勉強を進めやすくなります。

資格を取りたいなら、日程だけでなく、実施される会場も合わせてチェックしましょう!
会場は大都市だけ、という検定も少なくないため、場合によっては宿泊先を手配する必要があります。

取りたい資格や日程が確認できたら、申し込みや受験料の支払いを済ませ、当日に向け勉強をスタートさせます。
勉強方法には、 下記など、様々な方法があります。

「テキストを購入し自分でコツコツ勉強する」
「通信講座を利用して学ぶ」
「資格取得専門の塾へ通う」

「インターネットを通じて知識を深める」 その方法が正解なのかは、資格の種類や現在ついている仕事、試験までの期間、これまでに得ている知識などによっても変わります。
自分に合っている方法を早めに見つけて、試験の一発合格を目指したいですね。