これからアパレルを目指す人も、既にアパレル業界で頑張っている方も、やはり気になってしまうのは将来的なキャリアについてではないかと思います。

まだ若い方の中にどうしても店員になりたい!という一心でアパレル店員になってしまう方も多いと思いますが、やはり将来的なビジョンはしっかりと持っておきたいところ。
そこで、今回はアパレル勤務を目指すならまず始めに確認しておきたい「キャリアアップ」について、ご紹介を指定校と思います。

 アパレルにおける一般的なキャリアパスについて

10年も20年も、店舗の一スタッフとしてキャリアを重ねていくという方は、実際のところあまりいらっしゃいません。
大抵は、キャリアを重ねることで出世し、管理職や店舗運営に携わる業務に変わられたりすることがほとんどです。
また、小さなお店でないなら本社勤務などになる方も少なくないでしょう。

一般的なアパレルのキャリアパスとしては、新人として販売スタッフから開始した場合、3年程度で一定の管理職に就く場合が多いと思います。
その後、店長/ストアマネージャなどに昇進し、実績に応じて本社勤務へと昇進するケースが多いのではないでしょうか。
その後も、実力に応じて様々なキャリアを経ることができますが、大抵はこのような経歴を辿っていくものです。

 キャリアアップを目指すために

ただ何も考えず販売スタッフとして頑張っていても、その先のキャリアに辿り着くことは難しいものです。
次のステップ以降に進むためには、やはり一定のスキルが重要になってくるのです。
例えば、販売力はもちろんのこと、店舗運営に関する能力、人材を育てる育成力などを養う必要が出てくるでしょう。

いわゆるマネジメントに関する能力を意識的に伸ばすことで、具体的に昇進へと近づくことができるといっても過言ではありません。

 アパレルで勤務をする前に確認しておくべきこと

ここまではキャリアを積む事について、焦点を絞ってお話をしてきましたが、いざ将来のために頑張るとしても、自分が入る予定のアパレル店で必ずしもキャリアをアップさせることができるかは分かりません。

そのため、事前に確認をとっておく必要があるでしょう。
最初の雇用形態はアルバイトなのか、それとも契約社員となるのか。また、昇進した際に正社員登用はあるのか、といった部分も先に確認しておいた方がいいでしょう。

契約社員以上にはなれない、という店舗もあります。
後々驚いたりすることのないよう、面接の段階で将来的なキャリアについて確認できる範囲で質問をしておくことをお勧めします。